社会福祉法人 復泉会 ロゴ

復泉会について

「一隅を照らす」
~ そこにあたながいるだけで、まわりが明るくなる ただそれだけかも知らないけれど あなたという存在が大切なのです~
法人概要

アクセスマップ

事業


障害福祉サービス
就労継続B型事業
就労移行事業
生活介護事業
相談支援事業
日中一時支援事業
福祉有償運送事業
指定相談支援事業
共同生活援助事業(グループホーム)
短期入所事業

就労事業
印刷事業
アルミ缶等リサイクル事業
古紙再生紙
非常食事業
ノートメモ帳事業
カンパン事業
ポン煎餅事業
ドライフーズ事業
ぼかし事業
縫製事業(遠州麺紬等)
草刈事業
果実飲料事業
下請事業
施設外就労事業
その他

沿革

復泉会 発足

復泉会 歴史

復泉会 歴史2


基本理念
 ~復泉会の機能するところは 地域社会の機能するところである~

■基本的人権の尊重
人は、誰でもが自分に足りないものを補い、成長し続けたいという欲求や、社会に貢献したいという欲求がある。
しかし、個々の持つ文化の違いや、人権的偏見、差別、見栄や障がいのある人を取り巻く社会環境などによって存在を否定されてしまうことがある。
障がいがある、貧しい、学歴がない、親がいない、体が弱いなどなど、蔭に日にさげすまされ続ければ自己実現など成し得ない。

■社会自立の促進
社会福祉法人 復泉会の経営する社会福祉施設は、障がいのある人たちにとって、働く生活の場で、一生を通じて常に成長し続けたいという欲求や、ささやかな願いを実現するため、社会の様々な矛盾や、否定的経験しか出来なかった環境から、自らの生き方を選択(自立)出来る社会参加の場である。

■適切なサービスの提供
働くことが生み出す人間としての生き方、自信を持つために様々な能力を高め、発揮し、自己実現を成し得ることが出来る場や、社会参加の機会を広げるための機能が周りに無いとするならば、自ら創り出していかなければならない。

■地域との連携
働くということは、生活費を稼ぎだすということだけではなく、人が人間として生活していくための基本的要件である。 しかも、その人の能力やニーズに応じた生活の場としての機能が備わっていなければならない。 これらの様々な生活課題を一つ一つ改善しながら地域連携の下、人間性豊かな生活を構築していくためのコミュニティーを創造していく。

Comments are closed.


静岡 浜松
社会福祉法人 復泉会
053-420-1556
8:30~17:30 土日を除く